ページランクと中古ドメインの関連性

- ページランクと中古ドメインの関連性

ページランクと中古ドメインの関連性

人を集めるサイトの指標になるものとしてページランクがあります。
0から10まであり、高くなれば人を集めるサイトということになります。
この評価は検索エンジンのアルゴリズムによって算出されます。
検索エンジンは見ている人に価値があるページだと認定されれば、ページランクは上がっていきます。

ページランクが思った以上に低い

自身で運営しているサイトのページランクを調べることができるサイトやツールもありますので、調査してみるのも良いでしょう。
しかし評価がなくても落胆する必要はありません。
このページランクを挙げるのは非常に苦労することで知られています。
SEO対策を行っても簡単に上がるものではなく、時間とSEO対策による努力が必要になります。
しかし比較的容易にページランクを上げる方法があります。


その対策として中古ドメイン取得

中古ということになり、以前使われていたドメインになります。
中古にそれほどの価値があるのかと疑う人も居るでしょうが、検索エンジンは以前使われていたドメインに対して、評価を引き継ぐという特徴を持っています。
よってページランクが高かったドメインを導入することで、そのドメインが持つページランクをそのまま引き継ぐことができます。
ページランクを上げるために、内部、外部リンクと気に掛けたり、コンテンツを考えたりせず、簡単にページランクを上げることができる方法になります。

注意してほしいこと

検索エンジンの代表格であるgoogleは、以前使われていたドメインの評価を引き継がないことを明言していた過去があります。
しかしその発言に反して今でも評価を引き継いでいます。
いつ評価を引き継がなくなるのかが分からないのが実態です。
その覚悟を持って取得し導入することが重要になってきます。

確かに容易なSEO対策になりますが、ページランクが高いものほど高価な買い物になります。
普段からのSEO対策を行うことを忘れないことも大切ですので、過度な期待はしないようにしましょう。

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »
Copyright(C)2015 SEO対策として有効な中古ドメインのメリットを活用しよう! All Rights Reserved.